ようやく Xcode5 から Xcode6 に乗り換えたのですが、これまでのように実機でテストを行うためにipaを作成し、サーバにアップロードしてOTAインストールをしようとすると、エラーメッセージが表示されました。

Appをダウンロードできません
“AppTest” は現在インストールできません。

ipaを作りなおしてもplistファイルの内容を確認してもエラーが出てしまうので、iPhone構成ユーティリティーでipaを転送してみようとアプリケーションリストにドラッグ&ドロップしてみると。。。

ファイルタイプ “” はサポートされていません。
このアプリケーションは、”Payload” のファイルタイプを
サポートしていません。ファイル拡張子が正しいか確認し
てください。

2015-03-24 17.17.40.png
何かファイルの中身が壊れているのかもしれません。
さらに試しに、オーガナイザの Validate を実行してみると、

Archive validation failed with errors:
iTunes Store operation failed.
Unable to process applicaton at this time due to the following error: The IPA is invalid.
It does not include a Payload directory.

2015-03-24 17.21.06-2.png
やはり Payload directory が含まれていないというエラーメッセージが表示されました。
このあたりの情報をもとにググってみたところ、下記のページが見つかりました。
xcode – How to solve the ipa is invalid issue ? ios – Stack Overflow
これによると、Info.plist ファイルに下記のキーが必要なようです。

Application requires iPhone environment : YES

追加するには、Xcode6 で AppTest-Info.plist を開いて、一番下の行の[+]マークをクリックします。
そうすると新しい行が追加されるので、左側の欄で「Application requires iPhone environment」を選択し、右側の欄では「YES」を選択します。
そうするとこんな感じになります。
2015-03-24 17.23.00-2.png
これで Archive し、サーバにアップしたところ、無事にインストールすることができました。
Xcode6 に移行する前からこのキーがなかったのか、Xcode6 に移行してからこのキーが何らかの理由で欠落してしまったのかは不明です。
また、Xcode6ではOTAインストール用のplistファイルについては面倒を見てくれなくなったので、自分でplistファイルを編集して作成する必要があるようです。
まあ、これまでも面倒を見てくれていたとは言っても、パス名等を覚えておかなければならず使い勝手はあまり良くありませんでしたが。。。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください