HUAWEI MediaPad T5 を入手しましたので、さっそく開発環境に接続するためにUSBデバッグを有効にすることにしました。

設定→システム→タブレット情報→ビルド番号を数回タップすると開発者モードが有効になります。

そうしたら、設定→システム→開発者向けオプションでUSBデバッグをONにします!  …と言いたいところですが、USBデバッグになっていないようで、設定画面を閉じて再び開発者向けオプションの画面を開くと、USBデバッグがOFFに戻っています。当然、開発環境のMac側にも何も表示されません。

ググってみたら解決策が見つかりました。

USBデバッグをONにする前に、「USB設定を選択」のところで「ファイル(MTP)」を選択し直せば良いらしいです。

設定画面を開いてみると、すでに「ファイル(MTP)」になっていましたが、いったん別の項目を選択して、改めて「ファイル(MTP)」を選択してから、USBデバッグをONにしてみると、うまくいきました。

カテゴリー: 開発関係

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください