Delhi アプリケーションで HTML を編集する必要があり、エンドユーザーにとっては WYSIWYG で編集できるようにしたほうが良いだろうということで、HTML を編集できるコンポーネントを探しました。
最初に見つかったのは takoyakusi さんが作った UIDHTMLEd というコンポーネントでした。フリーということで、まずは試してみました。
(http://hp.vector.co.jp/authors/VA015669/)
ドキュメントに従ってインストールしたのですが、手順が煩雑で、どうにかインストールしたものの、どうしてもエラーになってしまい、使用を断念しました。以下にメモをまとめます。
(1)UIWebBrowserをインストール
・タイプライブラリの取り込みで「コンポーネントラッパーの作成」はOFFにしておく
・Microsoft HTML Object Library (Version 4.0)
(2)UIWebBrowser.dpk をインストール
(3)RegisterUIDHTMLEd.pas をインストール
→CupleListBox.pas が見つからないというエラー
→CupleListBox の uses と register を削除したら通った
(4)Delphi で DsgnIntf が見つかりませんというエラー
→プロジェクト→オプション→検索パスの設定
「C:\Program Files\Borland\Delphi5\Source\Toolsapi」を追加
(5)Dlg_BaseURLSet.pas で「ファイルが見つかりません Combobox」エラー
→TComboBox98 というパッケージをインストール
http://members.lycos.fr/cresto/progra.htm
ダウンロードし、dpk ファイルにインストールした
(6)HookOnMessage が未定義というエラー
→uses UIWebBrowser; を追加
(7)OleInitializeが未定義というエラー
→uses ActiveX; を追加
(8)DHTMLSafe1, UIEdition が未定義というエラー
→UIEditonが正解(iを1個いれない)
(9)Dlg_baseURL が未定義
…このへんで力尽きて諦めました…


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください