$ sudo port -d selfupdate

を実行してもエラーになってしまうので、ググってみたら、同じようにエラーになっている人が大勢いました。
解決策としては、下記のような感じでした。

  • Xcode から Command Line Tools をインストールする
  • xcodebuild -license でライセンスを agree する
  • xcode-select で使用する環境を選択する

ところが、実際に試してみましたが、いっこうにエラーが解決しません。最後の望みとして、MacPortsをアンインストールして再インストールしてみることにしました。
アンインストールの方法は下記のページを参考にしました。
古くなったMacPortsを再インストール – Shin x blog

古くなったMacPortsを再インストール


ところが aalib というパッケージが inifinitie loop? と言われてしまいアンインストールできません。
そこで、下記のページを参考にして強制的にアンインストールしました。
Mac OS X 10.7.2(Lion)に、macports で gcc を入れる(だけの)物語 | JAM☆ぱん
http://playet.jugem.jp/?eid=150
下記のようにするとエラーなどを無視して強制的にアンインストールが実行されるようです。

$ sudo port -f uninstall installed

色々なパッケージがアンインストールされるのでだいぶ時間がかかり、バックアップを取っていなかったので不安になりましたが、問題はありませんでした。
新しい MacPorts は下記のサイトからダウンロードしました。
The MacPorts Project — Download & Installation
http://www.macports.org/install.php
使用中の MacOS に合うものをダウンロードして、pkgファイルをダブルクリックするとインストーラが表示されます。難しいことは何もなく次へ次へでインストールは完了しました。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください