Windows 10 の Hyper-V からゲストOSに接続する方法は下記の2種類がある。
基本セッション
これまでの Hyper-V で使えていた方式で、KVM(Keyboard, Video, Monitor)を直接属するイメージ。
hyper-v-basic.png
拡張セッション
リモートデスクトップを経由する接続になり、デバイスやクリップボードが共有できるようになる。
hyper-v-ext.png
参考
仮想マシンの拡張セッションについて at SE の雑記

カテゴリー: メモ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください