CentOS7.6 のサーバに PHP7.3 をインストールしたのですが、ちょっと引っかかってしまったところがありましたので、メモを残したいと思います。

# yum install epel-release
# rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
# yum install --enablerepo=remi,remi-php73 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-mysqlnd php-xml php-process 

WordPress を使用する環境を作るときの定石のようなインストールですが、下記のようなエラーが発生してしまいました。

 エラー: パッケージ: php-cli-7.3.7-3.el7.remi.x86_64 (remi-php73)
             要求: libargon2.so.0()(64bit)
エラー: パッケージ: php-7.3.7-3.el7.remi.x86_64 (remi-php73)
             要求: libargon2.so.0()(64bit)
エラー: パッケージ: php-devel-7.3.7-3.el7.remi.x86_64 (remi-php73)
             要求: libargon2-devel(x86-64) 

libargon2.so というライブラリがないためのエラーということで、さっそくググってみたところ、下記のようなコマンドでインストールすれば良いことがわかりました。

# curl -O http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/Packages/l/libargon2-20161029-2.el7.x86_64.rpm
# rpm -Uvh libargon2-20161029-2.el7.x86_64.rpm 

しかし、なんだか怪しいエラーが表示されます。

エラー: <!DOCTYPE のオープンに失敗: そのようなファイルやディレクトリはありません
エラー: HTML のオープンに失敗: そのようなファイルやディレクトリはありません
(以下略)

どうやら上記のパスにはrpmファイルが存在せず、ファイルが存在しないというエラーページを curl がダウンロードしていたようです。

もう少し調べた結果、yum コマンドにリポジトリとして epel を追加してやれば良いことがわかりました。

# yum install --enablerepo=epel,remi,remi-php73 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd php-mysqlnd php-xml php-process  

これで、無事にPHP7.3がインストールできました。

カテゴリー: サーバ関連

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください