yumコマンドを打ってから処理が始まるまで待たされる

Hyper-V で仮想サーバを作って CentOS7 をインストールしました。yum を使って apache やら mysql やらをインストールしようとしたのですが、yum コマンドがどうも時間がかかるような気がします。というか、実際かかっています。

# yum list
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile

ここまではすぐに表示されるが、この次の行が表示されるまで体感で1分ほどかかる

* base: ftp-srv2.kddilabs.jp
* epel: epel.scopesky.iq
* extras: ftp-srv2.kddilabs.jp
* remi-safe: ap.stykers.moe
* updates: ftp-srv2.kddilabs.jp 

サーバには特に負荷がかかっているわけでもないし、ネットワークにも問題はなさそうだし、Hyper-V の管理コンソールを見ても問題はなさそうでした。

yum の状況を調べるのに下記のコマンドを発行してみました。

# yum clean all
# yum repolist
読み込んだプラグイン:fastestmirror
Determining fastest mirrorsCould not retrieve mirrorlist http://mirrorlist.centos.org/?release=7&arch=x86_64&repo=os&infra=stock error was14: curl#6 - "Could not resolve host: mirrorlist.centos.org; 不明なエラー"
Loading mirror speeds from cached hostfile
Loading mirror speeds from cached hostfile
Loading mirror speeds from cached hostfile
Loading mirror speeds from cached hostfile
Loading mirror speeds from cached hostfile

One of the configured repositories failed (不明),and yum doesn't have enough cached data to continue. At this point the onlysafe thing yum can do is fail. There are a few ways to work "fix" this:
     1. Contact the upstream for the repository and get them to fix the problem.
     2. Reconfigure the baseurl/etc. for the repository, to point to a working        upstream. This is most often useful if you are using a newer        distribution release than is supported by the repository (and the        packages for the previous distribution release still work).
     3. Run the command with the repository temporarily disabled            yum --disablerepo=<repoid> ...
     4. Disable the repository permanently, so yum won't use it by default. Yum        will then just ignore the repository until you permanently enable it        again or use --enablerepo for temporary usage:
            yum-config-manager --disable <repoid>        or            subscription-manager repos --disable=<repoid>
     5. Configure the failing repository to be skipped, if it is unavailable.        Note that yum will try to contact the repo. when it runs most commands,        so will have to try and fail each time (and thus. yum will be be much        slower). If it is a very temporary problem though, this is often a nice        compromise:
            yum-config-manager --save --setopt=<repoid>.skip_if_unavailable=true
Cannot retrieve metalink for repository: epel/x86_64. Please verify its path and try again

なんだかよくわかりませんが、不穏なメッセージが表示されました。

このメッセージの中の「Could not resolve host: mirrorlist.centos.org; 不明なエラー」をキーワードにしてググってみたところ、サーバのDNSやGATEWAYの設定が間違っているのではないかという情報が見つかりました。

「ハッ!」と思って設定ファイルを確認しました。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
:
DNS1=192.168.0.1
:

ここが間違っていました。192.168.0.1 は Hyper-V のホストですが DNS には応答しないようになっています。/etc/resolv.conf のほうは修正したのですが、ifcfg-eth0 の修正を忘れていました。ポカミスでした。

修正してネットワークを再起動したら yum のレスポンスも早くなりました。

# systemctl restart network
カテゴリー: サーバ関連

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください