約2GBのファイルをDVDに書き込むようセットして別の作業をしながら、そろそろ半分くらいいったかなーと画面を覗き込んだらディスクを吐き出して画面が真っ暗になっていました。
「書き込みが終了したらシャットダウンする」のチェックはつけなかったはずだし、急に電源が切れるのはおかしい、と思いながら電源スイッチをONにしようとしました。
ところが、イナズマの形をしたLEDが3回ほどチッチッチッと点滅するだけでウンともスンとも言いません。イナズママークなので電源関係だろうと思ったのですが、検討がつきませんでした(←これが今回のチョンボ)
幸い、もう1台同じ形式のノートPCがありましたので、電源パックを入れ替えてみると普通に起動します。逆に、起動しなくなったPCの電源パックを入れたほうは、イナズママークが点滅するだけで起動しません。
tx2505のLED表示
この画像は正常時の表示
聡明な方はもう気が付いたかもしれませんが、実は単なるバッテリ切れでした。なんと、接続されているはずだと思っていたコンセントが抜けていましたふらふらイナズママークが点滅するのは電源が空っぽだってことなんですね。
言い訳みたいになりますが、tx2005は100V電源が接続されているときの見え方がイマイチわかりにくいのかもしれないような気がします。
あまりにも基本的なチョンボをしてしまって少々凹み加減なのでした。

カテゴリー: パソコン関連

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください