Adobe Reader の起動が遅いなあ…と漠然と思っていたのですが、プラグインの読み込みを減らして起動時間を短縮するソフトがありました。ふりふり最高!さんで紹介されていた「Adobe Reader Speedup」を見つけて、早速インストールして使ってみました。イギリスの TNK-BootBlock というところが作ったソフトのようです。

ダウンロードして解凍すると、セットアップを行わなくてもすぐに利用できます。

(1)起動すると、こんな画面が表示されますので、Speed Up を選択して Start をクリックします。
起動画面

(2)使用するプラグインを設定します。Select Speed-Up Mode は、Speed-Up Fast [recommended] を選び、Start をクリックします。
プラグイン選択画面

(3)処理完了の画面です。あっという間に終わってしまいます。
完了画面

標準では25個も入っているプラグインのうち、recomended の Fast というセッティングでも3つに減りました。Adobe Reader もサクッと立ち上がるようになり、便利になりました。

参考までに、標準でインストールされるプラグインの一覧と、Adobe
Reader Speedup の3つのセッティングによって選択されるプラグインを表にまとめてみました。

ファイル名 名称 説明 依存性 Fast Turbo Bare
Acroform.api フォーム Acrobat Forms プラグインを使うと、Acrobat
で電子フォームを処理できます。
読み込みに必要なプラグイン : EScript
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
WebLink、IA32、WebPDF、SendMail、Spelling、DigSig、PDDom、MakeAccessible
 
Multimedia.api マルチメディア Adobe Multimedia
プラグインを使用すると、ムービーやサウンドなどのマルチメディアコンテンツを作成および再生できます。
読み込みに必要なプラグイン : AcroForm、Comments、Checkers、EFS、Escript、WebLink
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
AcroForm、Comments、Checkers、EFS、Escript、WebLink
 
Search.api 検索 検索プラグインはバックエンドの検索サービスです。また、AutoIndex
キーを含む特殊文書のインデックスを読み込みます。
なし
Accessibility.api Acrobat Accessibility Acrobat
アクセシビリティプラグインを使うと、スクリーンリーダーなどの支援テクノロジを
Acrobat と連携させることができます。
読み込みに必要なプラグイン : AcroForm、EScript、PDDom
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
MakeAccessible
PPKLite.api Acrobat Public-Key Security Acrobat(TM) Security
プラグインは、署名および暗号化サービスを提供します。サポートされるサービスには、公開キーを使ったデータの暗号化と復号化、公開キー署名と署名の検証、Microsoft
Windows 証明書と暗号サービスとの統合 (MSCAPI、Windows
のみ)、業界標準の PKCS#12
のパスワードで保護された秘密キー格納ファイルの直接サポート、および
Adobe Policy Server のサポートが含まれます。
読み込みに必要なプラグイン : DigSig、AcroForm、EScript
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
LegalPDF、Checkers、SendMail、WebLink、Updater、IA32
eBooks.api Adobe DRM Adobe DRM プラグインには、
Adobe DRM テクノロジで保護された文書の
取得および読み取り機能が含まれています。
読み込みに必要なプラグイン : なし
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
Comments、EFS、Weblink、SendMail、Make Accessible
Annots.api Comments Acrobat Comments プラグインでは Acrobat
を使用してオンライン文書とオフライン文書に注釈を追加できます。
読み込みに必要なプラグイン : Escript、Acroform、Internet
Access、Weblink
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
SendMail、Multimedia
DigSig.api Digital Signature Digital Signature プラグイン (DigSig) は、PDF
ファイルの汎用電子署名機能を提供します。署名プラグインでは、特定の署名の履行を提供するためにこのプラグインと共に登録します
(例 :
公開鍵電子署名、またはバイオメトリック署名など)。Acrobat
には、公開鍵電子署名機能を提供する PPKLite
セキュリティプラグインが含まれています。他のセキュリティ製品ベンダ製の署名ハンドラを見つけるには、Adobe
Web サイトをご覧ください。
読み込みに必要なプラグイン : AcroForm、EScript
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
LegalPDF、Checkers、SendMail、WebLink、Updater、IA32、PPKLite
Escript.api ECMAScript Adobe EScript プラグインを使用すると、PDF
文書に JavaScript を使用できます。 詳細は、『Acrobat
JavaScript Object Specification』 (AcroJS.pdf)
を参照してください。この文書には Adobe の Web
サイトからアクセスできます。
読み込みに必要なプラグイン : なし
すべての機能を使用するために必要なプラグイン : EFS、Movie、Search、SendMail、Spelling、Weblink、Web
Capture
EWH32.api External Window Handler Acrobat Browser Manager プラグインを使うと、Web
ブラウザで PDF ファイルを表示できます。
読み込みに必要なプラグイン : Netscape,
ActiveX
HLS.api Highlight Server Acrobat Highlight Server プラグインでは、Web
ブラウザの PDF ファイルの Web
検索でハイライト表示ができます。
読み込みに必要なプラグイン : EWH
ImageViewer.api Image Viewer Adobe Image Viewer Plugin
を使用すると、マルチメディアのスライドショーを表示できます。
なし
IA32.api Internet Access プラグイン このプラグインは、Acrobat
にインターネットアクセス機能を提供します。
なし
LegalPDF.api LegalPDF リーガル PDF : PDF
文書に電子署名しようとしているユーザに対し、署名者の意図を損なうような動的要素が文書内に存在する可能性について警告します。
すべての機能を使用するために必要なプラグイン
: Checkers
MakeAccessible.api Make Accessible タグなし PDF をタグ付き Adobe PDF
に変換します。タグ付き PDF
はスクリーンリーダーで読むことができ、アクセシビリティの問題に対応するには不可欠です。また、タグ付き
Adobe PDF は Reflow プラグインで折り返したり、
さまざまな出力形式 (XML、HTML、RTF など)
で保存して再利用できます。 アクセシビリティ可能な
PDF の作成方法の詳細については、http://access.adobe.com
を参照してください
読み込みに必要なプラグイン : なし
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
Spelling
PDDom.api PDDom アクセシビリティとコンテンツの再設定に使用される構造およびコンテンツツールキット すべての機能を使用するために必要なプラグイン
: MakeAccessible、AcroForm
Checkers.api PDF
コンサルタントとアクセシビリティチェッカ
PDF コンサルタント :
オブジェクトレベルでの変更や PDF
文書の分析を支援するフレームワークを提供して、不要なエレメントを文書から削除したり、PDF
文書のさまざまな構成エレメントによって占められるディスクの割合を判断したり、
しおりとリンクを最適化して PDF
文書のディスク容量を節減したりする 3
つのクライアントで構成されています。

アクセシビリティチェッカ : PDF 文書が Adobe PDF
のアクセシビリティ基準に準拠しているかをチェックします。

すべての機能を使用するために必要なプラグイン
: Escript、Annots
PictureTasks.api Picture Tasks Adobe(R)
ピクチャタスクプラグインを使用すると、Adobe PDF
ファイルからデジタルピクチャの書き出し、編集、印刷、および共有を行えます。
読み込みに必要なプラグイン : Escript、IA32、Soap、Weblink
すべての機能を使用するために必要なプラグイン : Image
Viewer
reflow.api Reflow ページの内容をウィンドウ幅に合わせて折り返します。 読み込みに必要なプラグイン : なし
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
MakeAccessible
SaveAsRDF.api SaveAsRTF SaveAsRTF プラグインは PDF
のテキストと画像を RTF (リッチテキストフォーマット)
で保存するフィルタです。
読み込みに必要なプラグイン : PDDom
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
MakeAccessible、ImageConversion、EScript
SendMail.api SendMail Acrobat SendMail
プラグインを使うと、指定した電子メールクライアントから現在の文書を添付ファイルとして送信できるようにツールバーボタンが追加されます。
外部 :
ユーザのマシンにインストールされている電子メールクライアント
Soap.api SOAP SOAP プラグインを使用すると、SOAP
プロトコルを通じて Web サービスに接続できます
読み込みに必要なプラグイン : Escript、EFS
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
Weblink と Acroform
Spelling.api Spelling Acrobat Spelling
プラグインを使うと、フォームのテキストフィールドと注釈のスペルチェックを行うことができます。
読み込みに必要なプラグイン : EScript
すべての機能を使用するために必要なプラグイン :
Comments、Forms
Updater.api Updater Updater プラグインは Adobe Reader および Adobe
Acrobat 製品のアップデート状況の一覧を管理します。
読み込みに必要なプラグイン : Escript、IA32、SOAP、WebLink
weblink.api Weblink Acrobat Weblink プラグインを使うことで、PDF
ファイルに Web
ページへのリンクを埋め込むことができます。
EScript

3件のコメント

マサヤ · 2005年4月27日 22:21

サイト紹介有難うございます。
プラグインの説明は大変に参考になりました。
僕はここ最近「Adobe Reader」ではなくて、「Foxit PDF Reader」でPDFファイルを回覧してます。
USBメモリに持ち込んで他の人のパソコンでも使っているんですけれどね。起動が早くてこちらのソフトもお勧めですよ。
http://hurihuritenngoku.seesaa.net/article/2834905.html

犬組 · 2005年11月24日 11:52

それぞれのプラグインがどんな動きをするのか説明しているところはあまりなく、やっと見つけました。
お陰で自分の好みで取捨選択できそうです。
ありがとうございました。

tak · 2005年12月4日 11:57

参考になりました。
検索機能がつかえなくなっていて困っていたのですが、Search.apiをいれることで解決しました。

マサヤ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください