USBメモリを使おうと思って、以前入手していたUSBハブを引っ張り出して使ってみることにしました。いつも使っている増設HDDをUSBハブに接続して電源を入れたら、オレンジ色の不思議なLEDが点灯し、画面には見たことの無いメッセージが。
usbhub.png
「USB大容量記憶装置デバイスがハブのポートの限界を超えました」
???限界を超えたといわれても、何を言っているのかわかりませんでした。あれこれ調べてみると、ハブが供給できる電力を超えて消費しているらしいことがわかりました。
何度か試してみると、PCが起動する前に増設HDDを接続しておくと電力不足になってしまうけれども、起動した後で増設HDDを刺すと大丈夫、ということがわかりました。でも、コントロールパネルを見ると、ハブ自体は 500mA まで供給でき、増設HDDは 100mA を消費するという表示が出ています。数値の上では電力は足りているので、どこか他のところに原因があるのかもしれません。

カテゴリー: パソコン関連

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください