オフィスや家庭でも、2穴ファイル(バインダ)は手軽に使える便利な文具ですよね。
少々面倒なところもありますが、パンチで穴を空けて綴じれば立派な資料になります。
でも、バインダの表紙や背表紙にサインペン等で題名を書いてしまうと、再利用する時に消すのが難しく、白い紙を張るのも格好悪いので結構困りますよね。最近はテプラで貼り付けることも多くなったので、以前ほどは困らなくなりましたが、綺麗に再利用できる方法を聞きましたのでご紹介します。
用意するものは、古くなったファイル、ホチキス、ホチキス外し(カッター等でも可)です。
1.これから再利用しようとしているファイルです
050413_1618~01.JPG
2.止め具を外します
050413_1618~02.JPG
3.プラスチック製のストッパーも外し、ホチキスを外します
050413_1618~03.JPG
4.1枚の厚紙になるので、谷折り山折りを逆に折り曲げて裏返します
3~4箇所くらいをホチキスで止めます。
050413_1620~01.JPG
5.プラスチック製のストッパーを戻します
※実はこれが一番難しいです。「広いほうの外側から入って内側に抜ける」というかなんというか…
050413_1622~01.JPG
6.止め具を戻せばリフレッシュ完了です
050413_1622~02.JPG


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください