先日、iPhone8 の動きがおかしくなったのでAppleサポートに電話するという記事を書きましたが、実際に Apple サポートに電話して解決しましたので報告します。
結論から言うと
強制再起動の方法を間違っていた
ということでした。
これまで通り、スリープボタンを長押ししていたのですが、30秒たっても1分たっても何の反応もありませんでした。
iPhone8 では下記のようになります。
音量上を1回押して離す、音量下を1回押して離す、それからスリープボタンを長押し
これで無事に端末が再起動して、動作の不具合も解消しました。
Apple サポートの人によると、Siri がフリーズしていたかもしれません。とのことでした。
実は、自分でも iPhone8 の強制再起動について1回ググったんですが、そこで見つかったページには「音量下→音量上→スリープ長押し」と書かれていたような気がしたので、その手順でやって再起動できなかったのでした。もうちょっと他のページも見ておけばよかったです。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください