pm-730c.jpg
2001年10月に発売されたPM-730Cですが、私の母親のパソコンの相棒として今も活躍しています。活躍といっても、年に一度の年賀状くらいですが。
私が所有しているPM-800Cにはフチなし印刷機能がないので、自分の年賀状の文面を印刷するときにも借りてきて使います。古い機種ですが、そこそこの画質で印刷できるので、年賀状には十分と言えると思います。
とはいうものの難点が2つほどあります。ひとつは紙送り機構が弱いこと。普通紙のときはそれほど問題はないのですが、フォトプリント紙のようにツルツルの紙を使うと、10回に1回くらいの割合で給紙に失敗します。普段はそれほど問題にはならないのですが、年賀状のときは、いつもスケジュールが切羽詰っているので結構困ります。
2つ目の難点は動作音がうるさいことです。ヘッドがシュルシュルと動く音はそれほど大きくありませんが、給紙機構が作動するときにバッタンガッタンと、かなり大掛かりな音が出ます。そのくせ給紙に失敗するので困ったものです。
このPM-730Cで使用するインクは下記のとおりです。
カラーインク2本セット

カラーインク1本

モノクロインク2本セット

モノクロインク1本

カテゴリー: パソコン関連

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください