会社で使っているパソコンが年度末にリプレースされ、マルチディスプレイを使える環境になりました。最初のうちは面白がってマルチディスプレイを設定してみたのですが、なかなか使いこなすことができませんでした。
そんな折思いついたのが、ファイルを一時的に保存するフォルダを表示するスペースにすることです。下の図のように、サブディスプレイ側にはエクスプローラーを1個立ち上げておくだけです。
サブディスプレイ側:エクスプローラー1個
メインディスプレイ側:ブラウザ等
今まではダウンロードしたファイルなどはいったんデスクトップに置くようにしていたのですが、他のウインドウに隠れてしまってアクセスしにくいことが良くありました。
マルチディスプレイ環境になったとき、デスクトップに置くアイコンがサブディスプレイ側から整列してくれると良かったんですが、メインのほうから整列してしまうようです。(画像ではサブ側にアイコンが表示されていますが、これはマウスで移動させたもので、デスクトップに保存するとメイン側に置かれてしまいます)
また、Vistaでは「ダウンロード」というフォルダが用意され、デフォルトでそこに保存されるようになったのですが、これもエクスプローラーでいちいちたどるのは面倒に思っていました。
サブディスプレイにエクスプローラーを常時表示しておくことで、ダウンロードが完了した時点ですぐに確認できますし、そのアイコンをメインディスプレイ上のアプリにドラッグするのもすばやく出来ます。
エクスプローラーで表示させておくフォルダは「デスクトップ」でも良いですし「ダウンロード」でも良いと思います。
Vistaのサイドバーも領域を使ってしまうので敬遠していましたが、サブディスプレイのほうに表示することで便利に使えそうな気がします。

カテゴリー: パソコン関連

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください