普段使用しているWindows7の動作が遅くなってきていて、重いのを解消するためにあれこれググッて調べていたのですが、なかなか改善しませんでした。
遅い状況は下記のような感じです。
・ウインドウを切り替えてもすぐにキー入力を受け付けてくれない
・ブラウザの検索ボックスに入力してもすぐには反応してくれない
・エクスプローラーでフォルダを表示しても内容がすぐに表示されない
・IMEのローマ字入力や漢字変換がなんとなく遅い
・デスクトップやフォルダを右クリックしたときのコンテキストメニューの表示に時間がかかる
これまでに、下記のような対策を試してみました。
・視覚効果をオフにする→あまり変わりませんでした。
・一時ファイルを削除する→一時ファイルがあまり溜まっていなかったので、あまり変わりませんでした。
・デフラグする→毎週水曜日に自動実行される設定になっており、あまり変わりませんでした。
・ディスクの空き容量を増やす→あまり変わりませんでした。
・常駐ソフトを無効にする→当初から厳選したものを常駐させているので、無効にできるものはありませんでした。
・ウイルスに感染していないか?→ESETのアンチウイルスが稼働しているので感染していないと思います。
・再インストールする→それは避けたい
そんな中、Windows Defender をオフにするという情報を見つけました。Windows Defender はマイクロソフト製のアンチウイルスという感じなので(厳密にはちょっと違いますが)常駐させておいたほうが良いのではないかと思っていのたですが、試しにオフにしてみることにしました。
手順は下記のとおりです。
1.Windows Defenderを開く
(a)コントロールパネルで表示をアイコンに切り替えてWindows Defenderをクリック
(b)スタートメニューの検索で「Windows Defender」を入力して検索
2.ツールをクリック
3.オプションをクリック
4.管理者をクリックし、「このプログラムを使用する」のチェックを外す
5.保存してPCを再起動
詳しい内容についてはほかのサイトでも説明されていますので参照していただければと思います。
121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 011978
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=011978
再起動してみると、自分のPCでは明らかに速くなっていました。ウインドウを切り替えたときの待ち時間がほとんどなくなり、IMEの入力も引っかかるような感じがなくなりました。
Windows Defender を止めても大丈夫なの?という疑問が残りますが、市販のアンチウイルスをインストールしているのであれば、大部分の機能が重複するということなので止めても大丈夫そうです。

カテゴリー: パソコン関連

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください