WordPress を使って構築しているサイトで、ログインユーザーごとに見せる情報を制御したかったので、User Access Manager(UAM) プラグインをインストールして設定しました。
設定自体はそれほど問題はなかったのですが、その後、どうもページが表示されるまでの時間が遅くなったような気がしていました。
他にも色々なプラグインをインストールしているので、どのプラグインが原因なのかわからず原因究明できずに居たのですが、PHPのプロファイラを使用して調べたところ、UAM の内部で処理時間が増大していることがわかりました。
その関数名をもとにソースコードを調べてみたところ、どうやら管理者でログインしているときにロックマークを表示させる機能が原因らしいことがわかりました。
20180227-wordpress-uam.png
ソースコード上でコメントアウトして無効にしてみたところページが表示されるまでの時間が大幅に短くなりましたので、管理画面で UAM → その他 → ロックマークを表示させるを「いいえ」にしました。
ブラウザのデベロッパーツールの表示によると、修正前は表示が完了するまで4~5秒かかっていたのが、2~3秒になりました。

カテゴリー: WordPress

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください