動作確認用に使っていた評価版の Windows10 の期限が切れてしまい、勝手にシャットダウンするようになってしまいました。2回までという制限付きですが、期限を延長することができます。

延長回数の確認

延長できるのは2回までとなっています。確認するには、管理者モードのコマンドプロンプトで slmgr -dlv と入力します。
新しいウインドウが表示され、下の方にリセット可能回数が表示されます。

残りの Windows 猶予期限リセット可能回数: 2
残りの SKU 猶予期限リセット可能回数: 2

延長を実施

管理者モードのコマンドプロンプトで slmgr -rearm と入力します。
新しいウインドウが表示され、再起動を促すメッセージが表示されます。

コマンドは正常に完了しました。
変更を有効にするにはコンピューターを再起動してください。

コンピューターを再起動

再起動すると有効期限が更新されるはずですが、画面右下の表示は相変わらず「Windows ライセンスの有効期限が切れています」になっています。
20190125-win10-003.png
デスクトップでも [F5] キーを押すと表示が更新されますので、[F5] キーを押してみます。
20190125-win10-004.png
更新されました。

カテゴリー: パソコン関連

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください