1月12日(土)はどんど焼きが行われました。地区内の家々に飾られていた注連縄(しめなわ)や門松などのお飾り、ダルマなどを燃やす伝統行事です。書初めを燃やして天高く舞い上がると上達する、とも言われています。
山田では上(カミ)と下(シモ)の2箇所で行います。年々人口が減っている地域なので、近いうちに統合して1箇所で行うようになるんじゃないかという話もあります。道祖神はすでに1箇所になっています。
今年は風邪のため現地に行かなかったので写真がないので、参考までに昨年の写真をアップしておきます。
どんどん焼き

カテゴリー: 山田のこと

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください