[1]設営編
山から竹を切り出して組み立てます。軽トラックが竹で埋もれています。

四本足で組み立てましたが、後で聞いた話では3本足の方が安定しやすいそうです。

立ててから燃料となる竹などを中に詰め込んで枠組みの完成です。

子供たちがダルマやしめ縄を集めてくるので、それを飾ります。

[2]点火編
子供代表による点火。

なかなか勢いよく燃えます。竹が破裂して爆音が出ます。

火がおさまってきたら「繭玉(まゆだま)」をあぶります。これを食べると無病息災だと言われています。

繭玉のアップはこんな感じです。お米の粉で作りますので団子と同じですが、食紅などでカラフルな色を付ける人もいます。

カテゴリー: 山田のこと

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください