春らしくなってきました。実家が農家なのでもうじき農作業の季節が始まります。
まだ父親がメインにやっていて、私は機械オペレータをやらされる程度ですが、書店で面白い本を見かけたので買ってしまいました。
sato.jpg
サトちゃんのイネつくり作業名人になる

本を書いた「サトちゃん」は農業のプロで、効率的に作業を進めるテクニックがたくさん紹介されています。
最近は機械の進歩のおかげで自動的にやってくれる作業も多くなり、大型化したので作業時間も短くなりました。
ところが、いっぺんに作業する単位が大きいので、ちょっとしたミスをしてしまうと、それによるロスも大きくなってしまいます。
小さい機械でチョコチョコやっていたころと比べると、気を使う範囲が大きく変わりました。
もっと上手い方法はないかなあと思っていた矢先に、この本を見つけました。
稲作専門の内容ですが、水の張り方のちょっとしたコツ、コーナーの処理の仕方、ターンのコツなど、目からウロコがボロボロ落ちる思いで読みました。
私の地域では、あと2ヶ月後には田んぼに水が入ります。この本で得た知識を元にがんばってみようと思います。

カテゴリー: 山田のこと

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください